ブログトップ

ESPADブログ

espad.exblog.jp

about ESPADPROFILEWORKCONTACTBLOG
インドネシア共和国東京モスク 竣工

先日オープニングセレモニーのブログで御紹介しましたインドネシア共和国東京モスクの竣工引渡しが行われました。
外観の様子です。
a0136514_13570929.jpg


a0136514_14211492.jpg


エントランスです。

a0136514_14001341.jpg


エントランスを入った吹き抜けのホールです。
a0136514_14015258.jpg
a0136514_14030175.jpg


1階から地下に降りる階段です。
a0136514_14051138.jpg


地下から1階に上がる階段です。
a0136514_14063911.jpg


1階と2階をつなぐ階段です。
a0136514_14090411.jpg


1階の礼拝スペースです。
a0136514_14103807.jpg


2階の礼拝スペースです。
a0136514_14121847.jpg


この建物にはいろいろな角度がついておりますが、この角度は全てメッカに向けてデザインされております。無事に竣工引渡しが完了しインドネシアムスリム協会の新会長を迎えて 前会長と建設に協力いただいたムスリム協会の方々と記念撮影をしました。
a0136514_14165728.jpg
信仰の場として長く皆に愛されるモスクでありますよう願っております。(F)
[PR]
# by espad | 2017-07-25 14:25
ヒヨドリの雛の誕生
事務所の中庭の方角から「ピーピー」と甲高い声がするので窓を開けてみました。
すると。。。
a0136514_16545557.jpg
a0136514_16580370.jpg
イロハモミジの木の高い枝に鳥の巣ができていて三羽のヒヨドリの雛がピンク色の大きな口を開けて親鳥から木の実をもらっているところでした。
親鳥はあちこちを飛びまわり、かなりの頻度で、昆虫や木の実を口にくわえて巣に戻ってきます。

先月からイロハモミジの木にいつのまにか巣が出来上がり、ヒヨドリが座っているのを見かけてたので「卵を温めているのかな」と思ってはいたのですが、成長の早いこと。。。

蒸し暑い午後でしたがヒヨドリの親子からしばし暑さを忘れて癒されるときをいただきました。

あと2か月後に雛が巣立ちの時期を迎えるはずです。
親鳥が見守る中、雛鳥が飛行の練習をする様子を見られる という楽しみができました。(F)
[PR]
# by espad | 2017-07-07 17:28
インドネシア共和国東京モスク オープニングセレモニー
5月下旬インドネシア共和国の東京モスクが目黒に完成し、インドネシア大使、副大使出席のもとお祝いセレモニーが行われました。
次の日からラマダンが始まるということでこの日となったのですが、セレモニーが始まる時刻には朝からの雨もやみ、この日を待ち望み九州や関西からも駆けつけてくれた150名の日本在住の方達が喜びを共有しました。

a0136514_1031568.jpg


a0136514_10313685.jpg


a0136514_10324358.jpg


a0136514_10339100.jpg


モスクにはいるエントランスです。当日はお祝いの垂れ幕がかけてありました。

a0136514_10342856.jpg


モスクの内部の様子です。

a0136514_10352831.jpg


a0136514_10361081.jpg


お祈りをささげている様子です。男性と女性は別々の部屋でお祈りします。

a0136514_10372644.jpg


a0136514_10374617.jpg


a0136514_10381419.jpg


最後にインドネシア大使を囲んで工事に携わった関係者の方々で記念撮影をしました。

a0136514_1039292.jpg


インドネシアの方々のにこやかな表情を拝見すると この仕事に関われて良かったといいう思いと永く人々に愛される場であってほしいという気持ちで一杯になりました。セレモニーの後 インドネシア料理もふるまわれとても豊かな時間を過ごすことができました。

このモスクはインドネシアイスラム協会が国内外からの寄付によって建設されました。
関東地区に在住するモスリムの方達の祈りの場となることとともに、他の宗教の方達との交流の場になることを願っている という大使のお祝いの言葉が心に残っています。  (F)

a0136514_1041120.jpg

[PR]
# by espad | 2017-06-01 10:51
静岡近代美術館 藤島武二展
ゴールデンウィークに静岡近代美術館に行ってきました。
藤島武二の生誕150年にちなみ 特別展として藤島武二の作品が1階展示室の半室を使い展示されていました。

a0136514_1546996.jpg


藤島武二は江戸から明治にかわる時に生まれ第2次大戦中に76歳で亡くなるまで半世紀にわたって日本の近代美術の歩みの中心に立ち続け、明治、大正、昭和それぞれの時代の空気を吸いながら独自のスタイルを築きあげた画家です。
12枚もの作品を鑑賞させていただき心あらわれる休日の良い時間を過ごすことができました。

また美術館の竹林が新緑に変わり美しく、また竹の子も顔を出しており、絵画鑑賞をの一時を楽しませ和ませてくれています。

a0136514_15473614.jpg


a0136514_1547467.jpg


a0136514_15475945.jpg



藤島武二展は7月31日まで開催しておりますので 是非足をお運びください。 (F)

a0136514_15492393.jpg

[PR]
# by espad | 2017-05-12 13:57
事務所で見つけた春
事務所の二階の廊下。窓から差し込む光も柔らかな日差しとなり漂う空気もほんのり温かくなってきました。
a0136514_1242650.jpg


事務所の二階から見た中庭の様子です。
a0136514_1252727.jpg


近づいて見てみると紅葉の枝から淡い薄緑の新緑がたくさんでてきています。
a0136514_127161.jpg


視線を下に落とすと中庭の紅葉の落ち葉の間から可憐なすみれの花が顔をのぞかせています。
a0136514_1284316.jpg


事務所の近所にある水道局の桜も満開です。
a0136514_1294158.jpg


自然界の芽吹きは気持ちをほぐしてくれて明るい気分にさせてくれます。(F)




■ スタッフ募集

このたび弊社ではスタッフを募集しております。弊社の作風が好きで、住宅を始めとする建築作りを丁寧に追及していきたい方は履歴書を御郵送していただくか、又は以下の連絡先にご連絡ください。
選考の上、御連絡いたします。
・メール :info@espad.jp

㈱ESPAD環境建築研究所
住所:〒156-0043 東京都世田谷区松原1-2-5
TEL 03-3323-9211  FAX  03-3323-9215
[PR]
# by espad | 2017-04-10 12:13