「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

ESPADブログ

espad.exblog.jp

about ESPADPROFILEWORKCONTACTBLOG
富士宮の家 上棟
あけましておめでとうございます。
2017年も宜しくお願い申し上げます。

新年にふさわしく雪をまとった富士山を真正面に望む富士宮の家が上棟しました。

a0136514_1328591.jpg


a0136514_13292253.jpg


世界遺産となった富士山は一時も同じ姿を止めません。
常に変化し、眺めていると時の経つのを忘れてしまいます。
この家では「富士と共に暮らす」をテーマに設計させていただきました。

4月末完成を目指して5人の大工さんが力を合わせて作業しているところです。

a0136514_13365619.jpg


a0136514_13372685.jpg


a0136514_13374634.jpg


お施主様が満足していただける建物をつくることに今年も全力を尽くしてまいりたいと思います。(F)

a0136514_13391475.jpg

[PR]
# by espad | 2017-01-17 13:42
奥日光イタリア大使夏の家
11月の日曜日ベトナムのプロジェクトでお世話になっている方達を連れて紅葉の美しい日光東照宮に行きました。久しぶりに中禅寺湖に足をのばしましたがそこで立ち寄ったイタリア大使夏の家についてお話します。

明治中頃から昭和初期にかけての中禅寺湖畔は各国の大使館をはじめ多くの外国人別荘が建てられ、国際避暑地として発展してきましたが、その中でアントニン・レーモンドの設計によるこのイタリア大使館夏の家が自然と溶け合い素晴らしい雰囲気のまま公開されていました。

a0136514_146958.jpg


a0136514_1464689.jpg


a0136514_147136.jpg


1階は共に暖炉を持つ食堂と書斎が中央の居間を挟んだワンルームとなっており開放感あふれた広縁につながっています。

a0136514_149941.jpg


a0136514_1493496.jpg


a0136514_1410296.jpg


2階は湖に面して寝室が並び、湖の景観を最大限に活かした設計となっています。
パターンを変えながらの杉革張りで仕上げられた内外装も大きな特徴です。

a0136514_1413135.jpg


a0136514_14133431.jpg


a0136514_14135822.jpg


豊かな自然環境の中で自然に調和し、ゆったりとした時間を過ごした避暑生活を彷彿とさせるたたずまいで
皆で時間が経つのも忘れて体感してきました。

ベトナムの建築家達も夢中で写真を撮り続けており、日本滞在の良い思い出になったようでした。

あらためて恩師アントニン・レーモンドの若い時代の作品にふれる事ができ有意義な休日となりました。(F)

a0136514_14194887.jpg

[PR]
# by espad | 2016-11-25 14:24
静岡近代美術館オープン
去年より故郷の静岡市西草深町に設計させていただきました「静岡近代美術館」のプレ・オープンが27日のオープンに先がけて10月22日にありました。

a0136514_13504030.jpg


古くからの友人の大村明氏の所蔵する日本の近代洋画を中心にした美術館です。
県庁・市役所から徒歩10分ほどで駿府城公園や静岡浅間神社の中程にあり、NHK放送センターの西側に位置します。
 
当日はシンプルなデザインのコンクリート造りの美術館にはたくさんのお祝いの花が映えました。
美術館の入り口の正面と周囲にはレモンの木が植えられています。
エントランスの扉を開くと木の温もりのあるホールにつづきます。

a0136514_13572617.jpg


a0136514_1357506.jpg


ちなみに扉の取っ手は芸大時代の友人、鍛金家の岡島延峰さんにつくって頂きました。

a0136514_1404739.jpg


建物内部の喫茶コーナーに添って孟宗竹の庭があり、太い立派な竹が2階のホワイエまで伸び、とかく冷たいコンクリートの空間に温かさを与え、来館者のための安らぎの場となっていました。

a0136514_1441780.jpg


a0136514_144373.jpg


a0136514_1445849.jpg


27日のオープンに先駆けての開館でしたが 藤島武二、梅原龍三郎、安井曽太郎、岡田三郎助、和田英作、コロー、ユトリロ、マルケ、シャガール、ルノワールの作品をじっくりと落ち着いて鑑賞することができ、素晴らしい作品郡であることをあらためて実感し、充実した時間を過ごすことができました。

a0136514_14104326.jpg


a0136514_141117.jpg


地域に根付く美術館として 多くの方に幾度も足を運んでいただき 市民に愛される美術館として静岡の文化の発展に貢献できる施設となることを願っております。      (F)
[PR]
# by espad | 2016-11-04 14:19
K眼科医院 二年検査
8月の始めに山形市にあるK眼科医院の二年検査に行ってきました。

外観の様子です。竣工当時よりケヤキが成長し、ガラス張りの院内から爽やかな緑が見え、患者様の気分を和ませておりました。

a0136514_10114196.jpg


a0136514_1012938.jpg


院内に入り、待合室の様子です。建築が大好きな院長先生の気持ちを反映した明るくのびのびした空間で患者様の評判も良いとの事でした。二年間経ったとは思えないほど綺麗に使われており、職員の方々の建物への心遣いが感じられ嬉しかったです。

a0136514_1016020.jpg


a0136514_10162163.jpg


a0136514_10165474.jpg


受付には弊社から竣工のお祝いにプレゼントしたEYE CLOCKを飾ってくださっておりました。
先生の飾らないお人柄と 患者様が気持ちよく通院できる建物で地域に愛される医院となり続けますよう祈りながら帰路につきました。      (F)
[PR]
# by espad | 2016-09-06 10:24
20年の月日
7月の雨の休日 来客があるので我が家を綺麗に掃除した後 ぼんやり窓の外の風景を眺めていました。
我が家の東側に立つ集合住宅にはケヤキ、エノキなどの20メートルを超える大木が幾本もあり、私達は借景として恩恵をいただいております。
葉が茂った今、幾層もの緑のカーテンで隣家は全く見えません。緑の森を求めて小鳥達(ウグイス、メジロ、シジュウカラ、ヒヨドリ、キジバトのつがい)がいつも来て遊んでいます。
住宅の設計はその土地の「力」を多いに生かして行うもの と20年を経た今つくづく感じています。
吉村順三先生が軽井沢の別荘で「鳥と同じ目線で生活をしたかった。」とおっしゃっていたのを思い出します。

玄関の様子です。

a0136514_16141242.jpg


東側の集合住宅の緑を臨むリビングです。

a0136514_16154283.jpg


a0136514_16162174.jpg


外観の様子です。

a0136514_16165869.jpg


書斎の様子です。

a0136514_16173412.jpg


建築当初はベランダの塀から頭を少しのぞかせた程度だったエゴの木が20年の歳月を経て、南側の隣家との目隠しになってくれています。

家は時間をかけてつくりあげていくもの 住めば住むほど愛着の湧く住宅をつくっていこうとの思いを新たにした休日でした。             (F)
[PR]
# by espad | 2016-07-29 16:30